トップページ > 記事一覧 > 儀式の記事一覧 > 家族葬のメリット・デメリット

家族葬のメリット・デメリット

2016/11/30

葬儀を行うにあたって

家族葬のメリット・デメリット 最近の葬儀はお寺さんの人数が少ない家族葬が流行っています。
家族葬とは、家族などの親近者のみで行う葬儀であり、親近者以外の儀礼的・社交的な弔問をなくした葬儀です。家族・親族が中心的で一般の儀式の縮小型とも言えますが、仮通夜、通夜、葬儀・告別式、火葬の一連の儀式は行います。ただ、家族葬にはいい面もあれば、悪い面もあります。家族葬のメリットとデメリットをまとめました。

メリット
・家族葬は、弔問客が家族・親近者のみで行うことが多い為、葬儀会場の収容人数や日程が確定しやすい。
・親近者などの気の知れた方々と葬儀を執行する為、葬儀の日程が決めやすい。
・弔問客に気を使わなく、故人へのお別れができる。

デメリット
・弔問客に、知られないようにする為、自宅や集会場での葬儀はできない。その為、霊安室や式場に安置されることが多い。その分、式場の会場費がます場合がある。
・通夜まで故人と会えない場合がある。
・弔問客が不定期に訪れることがあり、苦情対応をしなければならない。
・家族葬というイメージは価格がかなり安く葬儀を行えるイメージがあるが、一般の葬式とそんなに費用は変わらない。

金額などは地域や葬儀会社によって変わりますのでご確認ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
儀式 供養