トップページ > 記事一覧 > 体験の記事一覧 > 日本の寺院を救う!?

日本の寺院を救う!?

2016/12/02

お寺に外国人の受け入れ、宿坊運営をスタート

日本の寺院を救う!? 2016年11月29日(火)に大阪市内の某所にて、宿坊研究家・堀内克彦氏と一般社団法人全国寺社観光協会主催で宿坊のスタートアップセミナーが開催された。
集まった人は、寺の住職や神社の神主がほとんどであった。
現状の檀家離れを受け入れ、今後の寺社の運営をしていくための手段の一つとして「宿坊」を考えている寺社関係の人が集まった。宿坊研究家の堀内氏は、大きい小さい寺社関係なく、寺社の歴史や文化を着ていただいた外国人の方に肌で感じていただきたいと語った。
一方、一般社団法人全国寺社観光協会は来年3月にオープンする、宿坊「和空」(大阪市)をモデルケースとし地域に経済効果をもたらしたいと語った。
今後のお寺が減少していくと言われているが、一石を投じるのではないかと参加者は期待していると言う声も上がった。
このエントリーをはてなブックマークに追加
体験 設備