トップページ > 記事一覧 > 体験の記事一覧 > 【イベント情報】5/9 料理僧が話す お寺に伝わる伝統料理 試食付き

【イベント情報】5/9 料理僧が話す お寺に伝わる伝統料理 試食付き

2018/05/01

青江覚峰師を招いてのワークショップイベント

【イベント情報】5/9 料理僧が話す お寺に伝わる伝統料理 試食付き 日本におよそ7万あると言われるお寺。お寺は、仏教以外にも、美術や教育、建築など様々な文化の伝承の場として活用されてきました。その中で、今回注目するのは「食」。古くから地域に深く根ざすお寺には、独自の食文化が伝わっています。どのお寺にどんな伝統料理が伝わっているのか、NHKなどで活躍する料理僧・青江覚峰さんがご紹介します。当日は、講師自ら料理したお寺ごはんの試食もお楽しみください。

【試食内容】
胡麻豆腐、一休寺納豆(もしくは一休寺納豆を使った何か)、みずがき(そばがき)を予定。(変わる可能性があります)

※アレルギーについて
アレルギーのある方は事前にお知らせください。できる限り対応いたしますが、アレルギーの内容によっては対応できないものもございます。

《講 師》
浄土真宗東本願寺派 緑泉寺 住職 青江覚峰師

《場 所》
名古屋栄・中日文化センター
名古屋市中区栄4-1-1中日ビル4F

《開講日》
2018年5月9日(水)13:00-14:30

《受講料》
2,700円+税

《試食代》
900円(当日教室でお支払いください)

《持ち物》
筆記用具・飲料水

※アレルギーのある方は事前にお知らせください。できる限り対応致しますが、アレルギーの内容によっては対応できないものも御座います。


参加希望の方はこちらまで


----講師・青江覚峰師プロフィール----
1977年生まれ。浄土真宗東本願寺派緑泉寺住職。株式会社なか道代表取締役。カリフォルニア州立大学にてMBA取得。料理僧として料理・食育に取り組む。日本初・お寺発のブラインドレストラン「暗闇ごはん」代表。超党派の僧侶達が集うウェブサイト「彼岸寺」創設メンバー。世界最大級の寺社フェス「向源」元副代表。著書『お寺ごはん』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『ほとけごはん』(中公新書ラクレ)などがある。
このエントリーをはてなブックマークに追加
体験