トップページ > 供養の記事一覧

供養 の記事一覧

【レポート】第3回お寺の窓口会in東京 番外編

2017/12/23

アンカレッジの樹木葬とは・・・

平成29年12月10日 、「お寺の窓口」が主催する勉強会、「第三回窓口会in東京」が行われました。 代表・遠島の挨拶に続き、「お墓のマーケティング」というテーマ...
続きを読む

供養 お墓
【レポート】第3回お寺の窓口会in東京 番外編

2040年の社会問題〜お寺編〜

2017/08/10

2040年に起こる社会問題について少しお話しします。

坊主丸儲けという言葉は聞いたことあるでしょう。お寺さんがお金を持っているイメージがあると思います。しかし、今はその時代ではありません。お寺が維持運営ができなくな...
続きを読む

供養 お墓 体験
2040年の社会問題〜お寺編〜

お盆ってなに?

2017/08/09

お盆の意味って?

お盆になるとお寺さんがお参りしにきたり、お墓参りに行ったり、日本の1年に1回の大きい仏事ごとである。いったいお盆とは何かと現代(いま)の人は思うことが多いかもし...
続きを読む

供養 お墓
お盆ってなに?

【寺院散策レポート3】浄土宗西山派 善法寺さま

2017/03/28

善法寺のご住職であられる片本師が大阪市天王寺区にある泰聖寺様の彼岸会にて御法話されました。

平成29年3月18日(土)の午後13時半から大阪市天王寺区にある泰聖寺さまにて彼岸会が行われ、京都市南区にある善法寺のご住職さまが20分間の御法話を致しました。...
続きを読む

儀式 供養
【寺院散策レポート3】浄土宗西山派 善法寺さま

変化する葬儀・衰退するお寺業界

2017/03/16

葬儀業界が直葬が流行り、お寺の存続が危うい!?

一昔前は、お寺に人が集まり役場のような役割をしていました。江戸時代には日本の人口は2500万人で、お寺の数は46万ヶ寺あったと言われています。今の5.9倍です。...
続きを読む

儀式 供養 お墓
変化する葬儀・衰退するお寺業界

月忌参りは必要か?

2017/03/15

月忌参りの意味とは何か?

月忌参りという言葉を聞いたことはありますか? 類似する言葉は、月命日と言います。地域によっては月忌参りを行わない地域もあります。 月命日とは、亡くなられた人...
続きを読む

儀式 供養
月忌参りは必要か?

さるべき業縁のもよおせばいかなるふるまいもすべし

2017/01/19

普通のひと・特別なひと

犯罪を犯してしまった人、例えば人を殺めてしまったり違法薬物を使用した人のことをどう思いますか? 「あんなことをする人は人間じゃない」「自分はそんなことをするな...
続きを読む

供養
さるべき業縁のもよおせばいかなるふるまいもすべし

一般的に使われている「他力本願」の意味は間違っている!?

2017/01/08

実は誤解していた仏教用語

一般的に「他力本願」とは、他の人の力を借りて、勝利を望む言い方をしている人が多いと思います。例えば、野球選手が勝ち続けても優勝が絶望的な場合、相手が負けるのを待...
続きを読む

儀式 供養
一般的に使われている「他力本願」の意味は間違っている!?

僧侶になるには

2017/01/06

得度という儀式を行うって知ってた!?

全国のお坊さんは、みんな得度という儀式を行って僧侶として認めたれています。 得度という儀式は、僧侶になるための第一歩の儀式といっても過言ではないでしょう。 ...
続きを読む

儀式 供養
僧侶になるには

苦あれば楽あり

2017/01/05

二河白道〜人生の生き様〜

このような言葉を聞いたことはありませんか? ”苦もあれば楽あり” 人間は思い通りに生きている人は、一人もいません。 例えば、芸能人はすごく華やかな世界で売...
続きを読む

儀式 供養 体験
苦あれば楽あり
1 2 3