トップページ > 和歌山県の寺院一覧 > 準別格本院 恵光院 > 概要

高野山真言宗
準別格本院 恵光院

住所 和歌山県伊都郡高野町高野山497
WEBサイト 準別格本院 恵光院WEBサイト
お寺トップ お寺の概要 役僧の紹介 お寺の案内 トピックス

お寺基本情報

寺院名準別格本院 恵光院
えこういん
山号高野山
宗派高野山真言宗
建立
住所 和歌山県伊都郡高野町高野山497
アクセス■電車でお越しの場合
○南海電鉄高野線難波駅から高野山駅まで
特急で1時間30分/急行で1時間50分
○和歌山・奈良方面から
JR和歌山線橋本駅で南海高野線へ乗り換え
高野山駅より南海りんかんバス「刈萱堂前」下車、徒歩5分

●お車でお越しの場合
国道24号「笠田」より西高野街道を経由して花坂より高野山道路へ。
大阪より約2時間30分。
紀南方面からは、高野龍神スカイラインで高野山へ。
関西空港からは、約2時間30分。
儀式
供養
体験
設備

お寺の概要

 お大師様がこの地に五重の宝塔を建立し、弟子の道昌僧都が諸人のご廻向(先祖の御供養)をおこなった事から、廻向院と呼ばれていました。
 宝永年中(1704~)頃、徳川八代将軍吉宗公の命により現在の「恵光院」に改めました。
 延慶元年(1308)には、京都の東寺より量調阿闍梨が当院へ転任され再興し、永禄(1558~)の初め頃になって、薩摩藩十七代当主島津兵庫頭義弘と縁を深め檀那関係にありました。
 また明智光秀の菩提寺でもあります。
 山内を見渡せる高台に本堂があり御本尊は阿弥陀如来、弘法大師、不動明王をお祀りしています。
 また、毘沙門堂にはお大師様作と伝えられる毘沙門天を御本尊に不動明王、愛染明王を併祀。
 脇に安置される不動明王はお大師様が唐に渡った際、航海の安全を守ったことから、「舵取り不動」の名がつけられています。
準別格本院 恵光院
高野山真言宗
和歌山県伊都郡