トップページ > 大阪府の寺院一覧 > 佳木山 宝樹院 太融寺 > 概要

高野山真言宗
佳木山 宝樹院 太融寺

住所 大阪府大阪市北区太融寺町3-7
建立 弘仁十二年(西暦八二一年)
WEBサイト 佳木山 宝樹院 太融寺WEBサイト
お寺トップ お寺の概要 役僧の紹介 お寺の案内 トピックス

お寺基本情報

寺院名佳木山 宝樹院 太融寺
たいゆうじ
山号佳木山 宝樹院
宗派高野山真言宗
建立弘仁十二年(西暦八二一年)
住所 大阪府大阪市北区太融寺町3-7
アクセスJR大阪駅、阪急、阪神、地下鉄梅田駅から東へ(扇町通)700m右側(南側)
儀式
供養
体験

お寺の概要

当寺は弘仁12年(821年)にこの地に弘法大師が嵯峨天皇の勅願により、創建されました。ご本尊の千手観世音菩薩は、嵯峨天皇の念持仏を下賜され、天皇の皇子河原左大臣源融(みなもとのとおる)公が、この地に八町四面を画して、七堂伽藍を建立され、浪華の名刹として参詣者でにぎわいました。当時を偲ぶ境内地の名称は今に伝えて、太融寺町、堂山町、神山町、扇町公園、野崎町、兎我野町等として残って居ります。
 元和元年(1615年)5月、大阪城落城のとき兵火で全焼しましたが、元禄年間に太堂、南大門など諸堂25棟が復興して、“北野の太融寺”と市民に親しまれ大いに栄えました。
 昭和20年(1945年)6月戦災で堂塔伽藍一切が灰燼に帰しましたが、ご本尊千手観世音菩薩は無事難をまぬがれました。戦後再建に着手、本堂、大師堂、不動堂、宝塔、客殿、本坊、庫裡、鐘楼、東・西・南・北門、御供所20余棟が復興しました。

毎月、寺子屋「ほっと」を開講しています。次回は・・・

06月16日(土) 15時00分 ¥1000 予約受付中
『観音経を学ぼう』
観音経について、その内容に触れてみましょう。
麻生 祥光
太融寺 副住職

07月21日(土) 15時00分 ¥2000 05月21日より受付開始
『お匂い袋を作ろう』
馴染みのあるお香。その原料や作られる過程を学びながら、ご自身でお匂い袋を作ってみましょう。
中川 貴雄
(株) 芳薫堂
代表取締役社長

08月25日(土) 15時00分 ¥1000 06月25日より受付開始
曼荼羅入門 胎蔵曼荼羅
胎蔵・金剛界の一対よりなる両界曼荼羅。
胎蔵曼荼羅の意味するものについて解説します。
麻生 祥光
太融寺 副住職

09月29日(土) 15時00分 ¥1000 07月29日より受付開始
曼荼羅入門 金剛界曼荼羅
胎蔵・金剛界の一対よりなる両界曼荼羅。
金剛界曼荼羅の意味するものについて解説します。
麻生 祥光
太融寺 副住職

【詳細は、ホームページをご覧ください。】
佳木山 宝樹院 太融寺
高野山真言宗
大阪府大阪市