トップページ > 北海道の寺院一覧 > 崇徳山 生振寺 > 概要

真宗大谷派(京都・東本願寺)
崇徳山 生振寺

住所 北海道石狩市生振658-15番地
建立 明治41年
お寺トップ お寺の概要 役僧の紹介 お寺の案内 トピックス

お寺基本情報

寺院名崇徳山 生振寺
しょうしんじ
山号崇徳山
宗派真宗大谷派(京都・東本願寺)
建立明治41年
住所 北海道石狩市生振658-15番地
アクセスJR学園都市線
あいの里駅下車、タクシーで5分
儀式
供養
お墓
体験
設備

お寺の概要

生振寺は、明治35年に真宗大谷派(真宗本廟)の「生振説教所」として始まりました。その後、明治40年に寺号公称を受け、真宗大谷派崇徳山生振寺となり現在に至ります。この地域のご門徒さんは、農家の方が多くいつも忙しい方が多いですが、お寺の行事には必ずみんなお手伝いをしてくれる方々が多いのが生振寺の特徴です。
崇徳山 生振寺
真宗大谷派(京都・東本願寺)
北海道石狩市